この記事をシェアする

歯科金属アレルギーに対する治療とは?

どうすれば症状を改善することができるのか

金属アレルギーの症状を改善するためには原因となっている金属を取り除く必要があるのですが、そうすればすぐに効果が表れるというわけではないようです。
金属イオンは時間をかけて少しずつ排出されていくものなので、体から抜けきるまでには数か月ほどの時間がかかってしまうと思っておいた方がいいかもしれません。

歯科金属が原因となって金属アレルギーを発症してしまった場合には詰め物や被せ物を非金属のセラミックなどに交換することになると思いますが、セラミックには高い審美性と生体親和性が評価されている一方で強度が十分ではないという問題点があるようです。
最近注目されているジルコニアオールセラミックなら、天然の歯にも勝る強度と光沢を持ち合わせているうえに経年劣化の心配もないとされていますが、保険外診療となってしまうため費用がかさむという大きなデメリットを抱えているというのが現状です。

非金属の歯科材料とは

小さい虫歯治療に使用されることが多く、処置が終わるのが早いというメリットを持つ「コンポジットレジン」はプラスチック素材の白い詰め物なので治療跡が目立たないといいますが、強度が十分ではなかったり時間の経過とともに変色の恐れがあるというようなデメリットもあると言います。保険内の治療で使用できる素材として一般的です。
一方、金属イオンが溶け出す心配もなく劣化による変色や金属アレルギーを起こす可能性も低いことや十分な強度を持ち合わせていることなどから歯科材料に使用されている「金合金」「白金加金」などの貴金属の場合は、保険の適応外となってしまうため自費での高額な治療となってしまうといいます。

また神経を抜いた後の歯などに使用する土台としては、保険内で使用できるものにプラスチックのレジンで作られたレジンコア、保険外ならガラス繊維強化樹脂とレジンコアを組み合わせたファイバーコアなどがあるようです。